国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院 看護部

看護部長メッセージ

Message 副病院長・看護部長 鈴木美恵子

副病院長・看護部長

鈴木美恵子

 浜松医科大学病院は、病院と地域を結び、多種職連携で人々の健康を支え、貢献することを使命としています。看護部では、地域の人々の期待に応え、信頼され「つなぐ看護」を大切にして、あたたかく寄り添い、支える看護を日々実践しています。これは看護部理念である「Heart 誠実と温かい心で向きあう、Art 自律した看護専門職として寄り添う、Life 尊い命とその人らしさを支える」が基本にあり、みんなの「看護力」で質の高いサービスに取り組んでいます。
 専門職として、目指す看護、目標とする助産師や看護師、働きたい職場をどのように考えていますか。看護部として看護職一人ひとりのキャリアパスの実現につなぐことも大切だと考えています。
 看護提供体制として導入したPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)は、2人の看護師が同じ目標を持ち、協働して日々のケアや病棟内活動等を行うことで技術を高め、新たな発想や考え方が生まれ、成果を上げています。
 大学病院として、教育から臨床現場へ、病院から地域へと、多職種連携とネットワークで「医療・看護」をつなぐことで、患者さんや地域の人々の健康を支え貢献していきたいと考えています。

看護部理念

Heart
誠実と温かい心で向き合う
Art
自律した看護専門職として寄り添う
Life
尊い命とその人らしさを支える

基本方針

  1. 1. 個人を尊重し、安全で安心な看護を提供します
  2. 2. チーム医療の調整役として最善の医療に取り組みます
  3. 3. 高い実践力を持ち自律した看護専門職を育成します
  4. 4. 看護実践を探求し看護の創造性をはかります
  5. 5. 大学病院の看護専門職として地域に貢献します
  6. 6. 看護の視点をもち病院運営に参画します
top