国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院 看護部

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)について

PNSで新人看護師も患者さんも安心・安全な看護を提供します。

208

PNSとは、パートナーシップ・ナーシング・システムのこと。
1人で仕事を行うのではなく、看護師2人がパートナーとなって、様々な仕事を協力して行う看護の新しいスタイルです。
相談し合いながら患者さんに対応できるため、看護の質が高まります。
また、新人看護師にとっては先輩がそばにいるため、安心なのはもちろん、早く技術や知識を身につけることができます。

部署・グループ・パートナー・個人

相互に補完し、協力し合うことで、相乗効果が生まれ、質の高い看護を実践。

お互いの違いを生かし「シナジー効果」が発揮できるように年間パートナー決定し、部署内で副看護師長がコアとなるグループを編成します。
「個人」「パートナー」「グループ」「部署」で相互に補完し、患者さんにとっても安心・安全な看護を提供できます。

ペアで患者さんを受け持ちます。

日々のケアも看護師2人で実施し、お互いの知識とスキルを学び合い、高め合うことが可能です。
お互いを尊重し、信頼し、慮ることで看護師間のコミュニケーションも活発になります。

自立・自助の心、与える心、複眼の心

PNSの定着を促すポイント!!

パートナーシップ・マインド = 「他者に依存するのではなく、1人のプロフェッショナルとして自らの頭で考え、自らを助ける心の持ちようである」

いつも2人で、それがPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)です。

先輩看護師

新人看護師

先輩看護師

コミュニケーションの大切さを学べます。
看護師の仕事はコミュニケーションがとても重要です。パートナーと密にコミュニケーションをとることで、お互いに信頼できるようになり、業務がより円滑に進みます。また、チームで一貫して1人の患者さんを看るため、患者さんに安心感を持っていただけることもPNSのメリットだと思います。 8F東病棟 静岡県立大学卒佐々木 彩乃

新人看護師

一緒に歩いてくれる大きな存在です。
不安いっぱいで初めて病棟に足を踏み入れた日、「一緒に頑張ろうね!」と笑顔で声を掛けてくれてとても安心しました。仕事を教えてくれることはもちろん、一緒に考えたり悩んだりしてくれる本当にありがたい存在です。見守られている安心感があり、毎日のびのびと仕事に取り組めています。 8F東病棟 浜松医科大学卒松本 菜緒

ナースの1日を見る

top